KANEKO Shinichi

兼子真一
現代アーティスト。1974年愛知県生まれ。
東京藝術大学デザイン科卒業(1999)。東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了(2001)。
「関係」をテーマに、春画の手足に着想を得た「the Couple」シリーズを制作。手足のもつれから関係の可視化を試みる。彫刻・絵画・ドローイングなど多岐にわたる表現で活動。
主な展示は、画廊宮坂(2021~2005)、ANAGRA(2020)、国登録有形文化財・旧近藤邸(2013)、由布院アートホール(2011)などで個展のほか展示多数。3331 ART FIR(2021)、アートフェア東京(2016)、英国での彫刻展 Fresh air(2013)に出展。その他に、iichiko(焼酎)の雑誌広告にドローイングが起用(2018.6〜)。

the Couple シリーズ

“ぼくは、目に見える現実や真実よりも、それを生み出す「関係」に興味がある。あらゆる物事をつなげ、そのすべてを変えていく、目には見えない関わりと交わり。いつからかそれが、美しくて複雑な「もつれ」として、ぼくの前でうごめき始めた。移り変わるモノタチが、まるで「もつれあいのダンス」を始めたようだった。”

− 兼子真一

兼子真一は、2013年より「関係」をテーマにした「the Couple」シリーズの制作を開始し、彫刻・絵画・ドローイングなど多岐にわたる表現で展開しています。兼子は、「関係」を「物事の繋がりが起こす変化」と捉え、その複雑な状態を「もつれ」として可視化します。「the Couple」シリーズで表現される「もつれ」は、浮世絵春画の男女の交合に着想を得ており、その中でも特に、春画特有のもつれあう手足に注目します。兼子は、春画の手足の「もつれ」を引用して、「関係」という言葉に含まれた壮大な意味を再考してその美を探求し続けています。

Reference Photos

(参考資料:春画の手足)

WORKS

KANEKO Shinichi|「踏ム舞う躍ル」2021

「踏ム舞う躍ル」2021

KANEKO Shinichi|「群像三密戯画」2021

「群像三密戯画」2021

KANEKO Shinichi|「縁円角郭層相図 -En Kaku So Zu-」2021

「縁円角郭層相図 -En Kaku So Zu-」2021

KANEKO Shinichi|「ジバクの踊り」2020|ANAGRA

「ジバクの踊り」2020|ANAGRA

KANEKO Shinichi|「和合 -心音-」2019

「和合 -心音-」2019

KANEKO Shinichi|「恋舞-18/0103」2018

「恋舞-18/0103」2018

 

Exhibitions

Works

Projects